【イメージ】

辰巳芳子さん紹介

プロフィール

【イメージ】

辰巳芳子さんについて

1924年生まれ。神奈川県出身。料理家・作家。

料理研究家の草分けだった母、浜子の傍らで家庭料理を学ぶ。自然風土の恵みである食材への深い愛情を込め、本物の食を追及し続けている。日本料理だけではなく、独自にヨーロッパ料理の研鑽も積み、人の生きる力を支える食への根源的な提言を続けている。

父の最期を看取ったスープは、全国で多くの人に飲まれ「いのちのスープ」として静かな感動の輪を広げている。現在は「良い食材を伝える会」「カイロス会」「確かな味を造る会」などの会長を務め、全国の小学生に大豆の種を蒔き育てる「大豆100粒」運動を提唱し参加校は300を超えている。著書に「あなたのために〜いのちを支えるスープ〜」「味覚日常」「手からこころへ」「食の位置づけ」「食といのち」「いのちの食卓」「辰巳芳子の旬を味わう」等多数。

メッセージ

【イメージ】

この映画は、人とものごとを追うようでいて、
核心に深意を秘めたものにしましょう。
命題はいつしか、「愛することは 生きること」に修まってゆきました。
想いは自ずから仲間の胸に宿り、
製作過程の集中と合力は人間の限界に迫るかに見へました。
その故に、この作品は「ところ」を得れば
時代を超えられるのではございませんでしょうか。

終わりに、私共を信じ、支え、期待しつづけて下さった御協賛の皆様、
画面に気持ちよく登場して下さった隣人方、愛する仲間、
觀客の方々に「天のしづく−天の恵み」は
豊かにそそがれることを信じてやみません。

辰巳芳子

辰巳芳子さんの言葉